お金がない

 

わたしたち庶民の間では、5万円の急な出費はよくあります。

 

日常的な出来事といえば、、
海外旅行の直後、結婚式のご祝儀、財布なくした・・

 

毎月の生活費を支払うだけで、精一杯なのに、、
5万円の急な出費で、お金がない...共感できるお金の話です。

 

お友達にはもう、お金は借りれない..

 

地方から、東京へでてきたけど、家賃と生活費を支払うと、
月に1万円くらいしか、残らない、、こんな生活者の苦しみ、、
わかります。

 

夢があって、資格取得などでかなりの出費をしているところで、
海外旅行や引越しなどをしてしまうと、お金がない...という状況になってしまいます。

 

知人からの借入金の返済をしていた時期もあったけど、
滞納をきっかけに、友人関係が途切れてしまった。。

 

そんなときに消費者金融は、実はありがたい存在です。

 

ヤミ金かどうか、ちゃんと調べていますか

 

闇金とは、金貸業として無登録で、高い利息でお金を貸している人たちのことをいいます。

 

水面下で営業している、無登録業者は、実は多くいます。

 

そこで、困った金融庁は、ヤミ金対策法という法律まで作っています。
これは、取締りを強化するのが目的です。

 

どうやって、ヤミ金かどうか、調べるのでしょうか。

 

本来、金貸業者は、法律の範囲内で、利息を取らなければならなりません。
きちんと金融庁に登録しているかどうかは、
広告などの登録番号をメモって、金融庁の公式サイトから、検索するだけでOKの作業です。

 

あなたが、調べた金融業者が、ヤミ金かどうかを調べる第一歩となります。

 

それ以外にも方法はあります。市町村には生活安全課というのがあり、
広告などをもっていって、過去にトラブルがないかをお聞きするというのもあります。

 

ウシジマ君などを読んで、金融の勉強をしてみてはいかがでしょうか。

 

ちゃんとした消費者金融に支払うのは元本と利息のみです。

 

ヤミ金とは知らずにお金を借りてしまった方もいらっしゃると思います。

 

ヤミ金だと、えっ!!という請求を言われたりします。

 

それは、キャンセル料だったり、違約金だったり、、さまざまな言い方をしてきたりします。

 

きちんと登録している金貸業者として、お金を貸した側に請求できるのは、元本と利息のみです。
これ以外は何も請求できる権利はございません。
しっかりと借用契約書を渡されますので、契約内容を頭にいれておきましょう。

 

執拗な取立を止めさせるには

 

もしも、あなたが借りた金貸業者が、ヤミ金=無登録営業であったなら、どうしたらよいでしょうか。

 

ヤミ金であれば、無効化することもできます。

 

安全に相談するならば、弁護士になります。
弁護士にも、得意な分野とそうでない分野があります。

 

ヤミ金に強い弁護士をお探しになると良いと思います。

 

闇金の取立ての手段も、だんだん精神的な圧迫をされるケースも増えてきています。

 

「お子さんは○○の小学校に通っているんですよね...」
「奥さん、利息だけでも払ってもらえんかなぁ...」

 

など、お友達感覚で、圧迫したお話をしてきます。

 

夫との会話が少なくなってきた主婦の方が、
ヤミ金とは知らずに泥沼にはまってしまうケースも増えてきています。

 

救世主は、経験が豊富な弁護士

 

お金がないのに相談なんで、支払えない..

 

よくわかります。

 

代理交渉権をもっている弁護士だからこそ、
解決できることがあります。

 

それは、借金を無効化して、解決する方法です。

 

ほとんどの弁護士事務所は、初回は無料で相談にのってくれます!
(ある程度、経緯を紙に書いて整理しておけば、話しはスムーズになると思います。)

 

あとは、電話する、ちょっとした勇気だけです!