取立て きつい

借金の取立てがきつい・・・ヘトヘトです。

 

引越しや、家賃滞納で、どうしても5万円が足りない・・

 

よくわかります。。
そんなこともありゆるのです。

 

利息が多少高くても、手元にお金がない・・

 

何も知らずに、無登録の業者から、お金を借りてしまった・・

 

こんなケースは誰でも起こりえます。

 

派遣社員の仕事がなくなり、家賃が払えなくなった

 

親や親族、友達にお金を借りるのも、かりずらい。

 

ちょっと高く感じるかもしれないけど、
雑誌の広告の即日対応 即日入金 という手軽さから、
ヤミ金とは知らずに、お金を借りてしまったというケースです。

 

やがて、厳しい取立てや、執拗な取立てがきて、
携帯電話が鳴るたびに、ドキっとする日々・・

 

自業自得とはわかっていますが、何とかヤミ金から追われる絶望から開放できないものでしょうか。

 

みんな同じ悩みをもっています。

 

難しい法律のこと、すこしの勇気で調べてみよう。

 

貸し金業者からつきまとわれるのを防ぐには、相手がヤミ金かどうか、を調べてみましょう。

 

金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで、登録番号を検索すれば、
あなたが、かかわった金貸業者が、無登録か、正規の金貸金業者かどうか、、
これを調べることができます!

 

もし、無登録営業で金貸しをしていたならば、プロの専門家に相談してみると、
解決の道がだんだんみえてきて、目の前に光が差し込んでくるハズです。

 

相談するのは、警察でも、市役所の生活安全課でも良いと思います。
適切な対処をしてくれると思います。

 

ただし、ヤミ金業者と法的に代理交渉権があるのは弁護士となります。

 

弁護士といっても、得意分野はさまざまです。

 

ヤミ金に強い弁護士を探してみるのをおすすめします。

 

念書を書いただろ!違約金を支払え!

 

最近では、督促の被害もいろいろな専門用語を使って威圧するケースもあります。

 

とくに、キャンセル料請求をされて・・

 

といった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

「借りたお金より、大きなお金だけど、これさえ支払ってしまえば・・」

 

借りた自分が悪いのだから。。

 

など弱気になってしまうお気持ち、よくわかります。

 

しかし、給料日までの繋ぎとして、無登録な業者から3万円、5万円借りてしまっても、
無登録で金貸しをしていること自体が違法な行為となるのです。

 

借りたものは返さなければならない

 

という建前でがんばりすぎる方に、被害は多いようです。

 

ここは、自分を大切にして、プロに相談することをおすすめします。

 

違法な業者からの請求を拒否できる権利があなたにはあるのですから。