ヤミ金 被害 解決

違法なヤミ金に手を出した主婦

 

夫と離婚しました。

 

急が出費もありましたが、その都度、町の消費者金融を利用していました。
とことが、法律の改正後、借りられなくなりました。

 

ヤミ金と知らずに、、借りてしまったあと、、利子すら払えなくなっていた・・

 

そんな、主婦の方がヤミ金を解決したお話です。

 

こんな複雑なケースでも解決策はあります。
(追伸をみてください。)

 

そんなこんなで、、お友達もたくさん無くしました。

 

昔、生活に困って、5万円貸して。。頼んだことはあっても、
知り合いとか、家族とかに相談するということは、もうできません。

 

だから、金銭的なことでお友達や家族にもう、相談することができません。
やっぱり、友達ってすぐに作れるものではないのですから。

 

お友達をもう、失いたくない という理由でヤミ金に頼ってしまう。。

 

わかります。

 

3万円、5万円の急な出費は日常的によくあることです。
息子の野球チームのユニフォーム代、家賃代、旅行後のお金・・

 

きっかけはさまざまです。

 

よくわかります。
そんな中でも、「子供のことはねぇ」と惨めな思いをさせたくないとお考えかもしれませんね。
自分のことは、おしゃれできなくても、生活できていればよいのですが、
子供には惨めな思いをさせたくありません。

 

もっともなご意見です。

 

ヤミ金業者から借りたのは3万円

 

これまでに返したのは、利子の6万円だけ。
今も利子を払い続けるのに精一杯です。
親や友人に誰にも相談することなく、ヤミ金に走ってしまった方も多いのではないでしょうか。
なぜ、「無登録業者」であるヤミ金との一線を簡単に越えてしまうのでしょうか。

 

孤独な主婦たちの心の隙間

 

法律の改正後、主婦相手の闇金を増やしている悪い業者もいます。

 

3万円、5万円・・急な出費の主婦たちを取り込む、ソフト闇金という手口が広がっています。

 

とてもソフトな言い方をします。

 

金利だけいれてもらえたら・・

 

という感じです。安心感を感じてしまうのも、わかります・・

 

夫との会話、ありますか

 

夫といっしょに生活をはじめてみたものの、
一緒に住んでいたら、やさしい言葉もかけてくれなくなってきた。

 

朝、旦那が行ってきます。といって家をでていって、
帰ってきても、会話が少なくなってきている・・

 

そこで、やさしい言葉をかけてくれる人。

 

心配してくれている人がいる。。

 

こんな経験がある方もおられるでしょう。

 

彼氏の間、みたいな間柄・・微妙な人間関係・・になってしまうことも。

 

しかし、取立ては厳しくなっていく

 

最初は、旦那なしらないうちは、「旦那に知らせるぞ」というのから始まりました。
さらに、「家族に知らせるぞ」などだんだんエスカレートしてきます。

 

子供さんは、どこの中学校ですよね。」とか、
もちろん、闇金業者は、住所も知っていますから、
近所に張り紙を張るぞ」などの脅しも想定できます。

 

子供が無事に帰れるかどうかとか思うなよ」

 

子供だけは守らなければなりません。

 

どうにかできないでしょうか。

 

電話がなるたににビクビクするなんでいう生活。
隠れるような生活にピリオドを打つ手はないのでしょうか。

 

闇金とは気がつかない、最近の手口

 

3万円、5万円の急な出費はよくあることです。

 

わかります。

 

夫の旦那の入院費用。すぐに3万円、5万円は必要になっていきます。
主婦であるがために、いくつかの消費者金融に断られる中で、
雑誌の広告に掲載されていた貸し金業者の広告に目が留まってしまいます。

 

「即日振込み」
「ご来店不要」

 

などの文字が目に飛び込んできます。
金利は20%以下で正規の業者とうたっている闇金業者もいます。

 

正規の業者に電話しても、闇金業者から連絡がくる?

 

広告に掲載されている金融業者に電話しても、誰もでない。
「お客様のかけている電話番号は、現在つかわれておりません。」
その後、知らない電話番号から、勧誘の電話がかかってくるケースもあります。

 

闇金業者が、着信番号を集めるためのダミー広告のケースでうす。

 

こうして、誘いの電話がたくさんかかってくるケースです。
電話1本でお金が振り込まれる便利さに・・

 

気がついたときには、利子すら払えなくなっていた。
こうして極限まで追い詰められてしまうのです。

 

「自分さえいなくなれば、取立ても旦那のほうへいかないのではないか」

 

最悪のことも考えてしまいます。
お気持ちは、わかります。

 

ヤミ金の解決の第一歩は、ヤミ金に強い弁護士に相談すると・・

 

警察は、物理的な取立てや脅迫をストップしてくれることに協力してくれます。
ヤミ金の被害届を出しましょう。それにはは「証拠」が必要です。
近所に配られたビラや、罵倒を録音された音声などです。

 

弁護士は「代理交渉権」をもっています。

 

違法な営業であること。法外が利息であること、、などを証明して、取立てをストップしてくれます。

 

いずれにせよ、警察や弁護士に電話するすこしの勇気があれば、、、
ヤミ金の解決はみえてくるのです。

 

いままで、耐えられたのは強いご自分があるからだとおもいます。
もう、がんばらなくていいのですよ。