ヤミ金 キャンセル料請求

あなたの心が悲鳴をあげていませんか?

 

「心のモヤモヤがすっきり晴れました、、ヤミ金のキャンセル料請求から開放されました!」
警察や弁護士に、勇気をだして、、電話で相談した方はたくさんいらっしゃいます!

 

ヤミ金とは知らずに、お金を借りてしまった・・、給料日までのつなぎ、結婚式のご祝儀・・
ちょっと軽い気持ちで借りてしまっている人も多いです。

 

最近ではヤミ金から、キャンセル料を請求されることもあります。

 

まだ、お金は借りていないのに、、キャンセル料を請求された。

 

という方もいます。
言い方は、いたってやわらかでソフトです。

 

「おくさん、キャンセル料は必ずかかります。」

 

そんなものは、支払う義務はありません。。

 

とくに20代、30代の子育てに忙しかった主婦の方は、
金融業に関して、知識や経験がまったくなく、
闇金にひっかかってしまう方も多くなってきています。

 

雑誌の広告などをみてそのまま、「貸金業者の商号、登録番号」を自分でチェックしないで、
電話で申し込んでしまう方も多いようです。

 

「利息制限法」や「貸金業法」などの法律の概要・・・
こんな法律は、普通の生活をしていたら、まったく知らないことばかりです。

 

もう、いやっ!二度と不快な取立てから開放されるの・・

 

ヤミ金からの取立ては不当なキャンセル料だけでなく、
いろいろなパターンが浮き彫りになってきました。

 

嫌がらせで困っている内容といえば、、

 

「注文してもいないのにピザや寿司の出前がきた。。」
「葬儀屋から連絡がきた」

 

など、すでに借りてしまっている方の体験談もあります。

 

「夫や妻に内緒で借りていたのに、専門家に相談したら、ばれてしまう」
「お金がないのに、、さらに弁護士費用がかってしまう・・。」

 

そんな本音もでてきます。

 

もう、ヘトヘトになっているところで、
がんばって、もう一歩踏み出せない気持ちもわかります。。

 

全部ひとりでやるのはたいへんなことです。
多くの被害者の方が同じようなお悩みをひとりで抱え込んでします。

 

実は、ヤミ金でお悩みの方々は、とても忍耐力がある方たちなのです。

 

あなたの心が悲鳴をあげていませんか?

 

ヤミ金と知らずに借りてしまったお金。
最近では3万円、5万円など小額投資から、
入り込んでしまっているソフトヤミ金などのキーワードもでてきています。

 

朝から晩まで、嫌がらせに追われる日々。私が知らずに借りてしまったのだから、自分の責任でなんとかしなければ・・

 

そんな思いで、ヤミ金からの連絡にがんばってきたことと思います。

 

「もう少こしラクになりたい。自分を大切にしたい」

 

そんな方は、専門家に相談するのが開放への道の突破口です!

 

追悼 弁護士費用は確かに高いです。

 

弁護士の費用は、初回は無料のこころがほとんどです。
しかし、2回目からは料金は発生します。弁護士費用は確かに高いです。。

 

弁護士でないものが権利義務に関する「紛争」を処理することはできません。
とくに、キャンセル料金など根拠のない費用はあなたが、支払う義務はまったくありません。

 

「何の負い目もなく、家族や子供と過ごしたい・・」

 

という具体的な解決の糸口が具体的は、目の前です。
初回の相談は無料。弁護士に相談することが、解決の第一歩です。