ヤミ金 対策

ヤミ金だと知らずに、雑誌広告で3万円、お金を借りてしまった、、

 

ヤミ金とは知らずに、3万円を借りてしまって、、大変なことに・・

 

みんな同じ悩みをかかえています。

 

ヤミ金の取り立て対策の第一歩は、、取立てをストップできるという知識をえることです。

 

NHKのクローズアップ現代で、偽装質屋が放送されました。
何がヤミ金で、何がローンかもわからないですよね。

 

いったい何を信じてよいものかわからない、、

 

よくわかります。。

 

ネットでいろいろ検索しても、
警察とか、弁護士とか、司法書士とか・・・

 

いろいろなヤミ金対策があるとわかっていても、
ネットの口コミや評判だけみていても、、不安になって、ノイローゼになりそうです。。

 

いったい何を信じてよいものかわからない。

 

こういう、言葉にできないお悩み、よく理解できます。
ヤミ金とは知らずに、3万円、5万円を借りてしまって、、
みんな同じ悩みをかかえています。

 

特に主婦の場合は、お悩みも深い・・
主人との会話も少ないし、
お友達にも「お金の話」は相談しずらいし、、

 

取立てがあるたびに、子供は不安になって、「お母さん、大丈夫?」など心配をさせてしまいます。

 

今すぐに、ヤミ金の嫌がらせを止めて、すっきりとやり直したい、、どうしたらいいの?

 

ヤミ金の対策をお考えの方向けのお話をします。

 

しかし、、ネットだけの情報だと頭が混乱してしまいますよね。
法律のことはよくわならないし、、弁護士は、最初、無料でもお金がかかるけど、お金がない。
警察は無料だとか、司法書士は「代理交渉権」がないので、弁護士が早いとか、、

 

ホントに、わけがわからなくなり、不安がつのるわけです。

 

複数の専門家に、同時に相談すること

 

今すぐ、取立てをストップさせたい!というならば、警察、弁護士に相談することをおすすめします。
(警察本部の闇金専門部署がある県もあるようです。)

 

その上、同時にヤミ金に強い弁護士にも同時に相談してみましょう。

 

確かに、費用はかかります。

 

しかし、「代理交渉権」があるのは弁護士だけとなります。

 

警察に連絡し、ヤミ金業者の執拗な取立てをすぐにストップしましょう。
さらに、二度と取り立てにこないようにするには、
「代理交渉権」がある弁護士に同時に依頼するのが確実のようです。

 

とくに弁護士は、ヤミ金の実績があるところがおすすめです。
独自のヤミ金リストなど情報が集まっていて、
ヤミ金対策もスムーズな可能性があります。

 

ヤミ金から開放されて、お子さんとともに、健全な生活はもう、目の前です。。

 

 

追伸

 

警察や弁護士に相談するまえに、
登録番号を調べ、貸金業として登録しているか
これを調べておきましょう。簡単です。

 

「貸金業として登録していない、違法な会社からの取立てに困っています。」

 

という具体的な根拠をお話すれば、
スムーズに警察も弁護士も話しを理解しやすいとおもいます。

 

最近では、、偽装質屋という手口は、年金を担保にする手口もあります。
100円ショップなどの時計で、10万円を借りて、その後、年金で高い利息を払い続ける・・
表面上は闇金だとわかりずらくなってきているようです。

 

まずは、お金を借りた業者が、
登録番号を調べ、貸金業として登録しているか

 

を調べて警察や弁護士に相談してみてください。
具体的なヤミ金の対策を実行してくれます。